川島テキスタイルスクール

Jp / En

バックストラップ 応用編 綟織(もじりおり)

バックストラップ 応用編 綟織(もじりおり)

綟織(もじりおり)は経糸が綟りあって、その綟交錯部を緯糸で固定して綟織組織が構成されます。
糸と糸の間に空間が生じ、一見編み物のような透かし織物です。講座の前半は、腰機準備、メキシコやグァテマラの腰機で織られている薄地織物の基本綟組織である紗綟織、羅綟織(籠綟)を「綟綜絖」を取り付けて製織します。講座の後半は、平織と紗綟、平織と籠綟、紗綟と籠綟を組み合わせて「綟綜絖」を取り付けて幾何綟紋様を織り出します。
 
※この講座はバックストラップ基礎編を修了された方が対象です。
※講座で使用した板杼(53cm)3 枚、丸棒3本は各自持ち帰っていただけます。


日 程 2018年 8月22日(水)〜 8月25日(土)10:00 ~ 16:00
受講料 53,000円(税抜き)
定 員 20名(最小開催人数 5名)
申込締切 7月30日(月)


講師 : 京田誠

大阪芸術大学・染織専攻を卒業後、インド、中近東、中南米、東南アジアの民族染織を訪ねる旅の途中でグァテマラ、メキシコ各地の先住民から多様な腰機織技法を学び、以後マヤの民族染織、腰機技法の紹介と作品の創作を続けている。1996年よりグァテマラのアンティグ市在住。

backstrao2018
幾何紋様羅(部分)メキシコ・サカティーパン

1日目 オリエンテーション・腰織準備・平織織出
2日目 紗綟製織
3日目 羅綟(籠綟)製織
4日目 幾何綟紋様製織




一覧に戻る