川島テキスタイルスクール

Jp / En

手織り布の縮絨

手織り布の縮絨

縮絨(しゅくじゅう)率の違うラムウールとカシミアを使ったマフラーです。
綜絖を6 枚使い、組織されない数本の経糸と緯糸を交互に交差させるバスケット・ウィーブ・フロートと平織を組み合わせた組織で織り、仕上げにフェルト加工をすると、2種類の糸の縮絨率の違いにより、凸凹のある楽しい表情が現れます。軽く、肌触り抜群の、とても暖かいマフラーです。
 
※この講座は「はじめての織り」または「織物がわかる5日間」修了と同程度の経験者が対象です。


日 程 2018年 12月 3日(月)~ 12月 7日(金)10:00 ~ 16:00
受講料 42,500円(税抜き)
定 員 9名(最小開催人数 4名)
申込締切 11月15日(木)


講師 : 吉田桂子

1985年成安女子短期大学(現・大阪成蹊大学)造形芸術科染織コース研究科修了。京都の織物会社勤務を経て、制作活動に入る。現在は主に身に纏う布を織る。 現在、当スクール講師の他、京都造形芸術大学非常勤講師。

teirusyukujyu

1日目 説明・配色デザイン・整経・機準備
2日目 組織説明・機準備・タイアップ
3日目 織り出し・試し織り・製織
4日目 製織
5日目 房始末・フェルト加工・仕上げ




一覧に戻る