川島テキスタイルスクール

Jp / En

紗と絽を織る

紗と絽を織る

紗、絽、羅は隣り合う経糸を綟(もじ)って(絡み合わせながら)織る特殊な織物です。この講座では紗と絽をご紹介します。
綟ることでできるすき間は風通しもよく、夏物の衣料などに適しています。竹の糸は抗菌作用もあると言われており、夏冬を通して身につけても気持ちの良い繊維です。
紗に平織りを組み合わせた絽は、着物の夏帯にも使われ、紗よりもしっかりした風合いがあります。
竹糸で紗のショールを織り、綿糸で絽のランチョンマットを織ります。
 
※この講座は「はじめての織り」または「織物がわかる5日間」修了と同程度の経験者が対象です。


日 程 2019年 7月16日(火)~ 7月19日(金)10:00 ~ 16:00
受講料 34,000円(税抜き)
定 員 8 名(最小開講人数 4名)
申込締切 7月1日(月)


講師 : 小田芽羅

1984年川島テキスタイルスクール修了、1989年京都市立芸術大学染織専攻卒業。新聞紙で織るタペストリーを制作。中学・高校の教師を経て、アトリエ・ヒュー工房を設立。現在、高校、大学の非常勤講師。新匠工芸会会員、京都工芸美術作家協会会員。

mojiri

1日目 組織説明・配色デザイン・整経
2日目 よろけ作り(糸綜絖)・機掛け
3日目 紗による竹糸のショール作り
4日目 絽による綿糸のランチョンマット作り
syatoroori-2



一覧に戻る