スクールをつづる 3

創立47年の歩みをたぐり寄せながら、現在のスクールのことをご紹介する全8回シリーズ。

スクールをつづる 1 学校のなりたちは?
スクールをつづる 2 どんな学校?

どこにあるの?

Drawing: Hannah Waldron


京都市の北部、市原(左京区)にあります。
市内でも豊かな自然が残る地域で、施設は(株)川島織物セルコン本社市原事業所に隣接しています。

周辺は水源に恵まれ、鞍馬川の清流から染めに必要な水量を得られる環境。
かつ空気が澄んでいて、広大な土地が確保できることから、
本社が1964年に西陣から移転し、工場を新設しました。
土地に調和しながら、織物の技術と文化の新たな流れを築く中で、
教育の場として、国内外に広く門戸を開く川島テキスタイルスクールが存在しています。

山一つ越えると京都の奥座敷と呼ばれる鞍馬や貴船があり、美しい渓谷や透き通った川、山々が連なります。
京都駅から公共交通機関で1時間程度の距離で、古都の歴史・伝統・文化などの魅力を探訪する機会も豊富です。



Hannah Waldron
ハンナ・ワードロンさんはイギリス在住のアーティスト、デザイナーです。
2019年の春に、スクールで絣を学びました。

バックストラップ講座開催中止のお知らせ

講師居住地・グァテマラでの新型コロナウィルス感染拡大の現状や、
両国間の出入国における制限措置等の状況を考慮した結果、
受講者皆さま及び講師の安全を第一に考え、
誠に残念ではありますが講座開催は難しいとの判断に至り、中止を決定いたしました。

対象講座:バックストラップ基礎編 ・バックストラップ応用編 直角織

2020年7月2日

スクールをつづる 2

創立47年の歩みをたぐり寄せながら、現在のスクールのことをご紹介する全8回シリーズ。

スクールをつづる 1 学校のなりたちは?

どんな学校?

織実習 綴

手織りを主体に染織を教える学校です。
設立から47年、独自のスタイルで歩み続けています。

少人数制で、実習を中心とした密度の高い授業が特長。
確かな技術と表現力を基盤に、一人ひとりが持っているセンスを生かして創造性を高め、
美しい織物を作ることを大切にしています。

国内外から様々な世代の、織物を学びたい意欲のある人たちが集います。

スクールをつづる 1

川島テキスタイルスクール(KTS)をシリーズで紹介していきます。
まずは「スクールをつづる」編として、学校のなりたちから、コースや授業内容など、
創立47年の歩みをたぐり寄せながら、現在のスクールのことを8回にわたりお届けします。

学校のなりたちは?

玄関 1973年
アトリエ 1973年

はじまりは1973年。 (株)川島織物(現・川島織物セルコン)が創業130周年の記念事業として開校しました。
大量生産・大量消費の経済社会の中、人々が生活を見直し、心の豊かさを求めて価値観が変わりゆく時代。

織物はカーテンをはじめとする室内装飾やタオルなどの雑貨、衣類といったように暮らしのそばにあるもの。
身近にある織物なら、暮らしと物との丁寧な関係を結び、さらに織物を通じて国際的な関係をつなぐことができるのではないか。
そんな背景から誕生しました。

川島テキスタイルスクール修了展2019 開催のお知らせ

川島テキスタイルスクール修了展2019
2020年7月22日(水)~26日(日) 京都市美術館別館 2階

この度2019年度川島テキスタイルスクール修了展を開催する運びとなりました。
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、3月より開催を延期していた会期分となります。

着物・タペストリー・インテリアファブリック・ファッション・留学生絣作品 他
専門コース、技術研修コース、留学生作品他を展示します。
皆様のお越しをお待ちしています。

川島テキスタイルスクール修了展 2019
会期 2020年7月22日(水)~26日(日)
会場 京都市美術館別館 2階
時間 10:00-18:00* 入場無料  *本年より開館時間が変更されています。
PDFデータはこちら→修了展DM表 修了展DM裏

今後の状況によっては開催日時を変更する可能性があります。その際は速やかにスクールHPにてお知らせいたします。


【本展における新型コロナウイルス感染予防対策】
新型コロナウイルスの感染予防・拡散防止のため、以下の対応で開催いたします。
ご理解・ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

【ご来場の際のお願い】
・館内ではマスクの着用が必要です。
・来館時にサーモグラフィー等による体温チェックを実施します。体温が37.5度以上ある場合は入館いただけません。(京都市実施)
・ご来場の際に、氏名・住所・連絡先のご記入をお願いします。ご記入いただけない場合は入場をお断りいたします。(京都市より要請、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策)
・手洗い、手指消毒にご協力お願いします。
・以下の症状をお感じの方はご来館をお控えください。
 ‐風邪の症状がある
 ‐倦怠感(強いだるさ)がある
 ‐呼吸が困難である(息苦しい)
 ‐過去 2週間以内に感染が引き続き拡大している国・地域への訪問歴がある
・人と人との間隔の確保をお願いします。(2m目安)
・作品にはお手を触れないようお願いします。
・大きな声での会話はお控えください。

【対策】
・スタッフの検温とマスク着用
・手指消毒の設置
・手すりやコインロッカー等の随時消毒
・混雑した際には入場規制をかける場合があります。

スクール見学再開のお知らせ

スクールでは、新型コロナウイルス感染症拡大防止のためスクール見学を中止しておりましたが、京都府における緊急事態措置が見直されたことを踏まえ、6月8日(月)から再開することとしました。

見学は随時受付けておりますが感染症対策として、事前予約制とさせていただきます。
平日10:00〜、14:00〜の二部制とします。
土曜日をご希望の方はご相談ください。
個人見学、個別相談といたします。

専門コースのカリキュラム説明、アトリエ見学や学生の作品を通してスクールの雰囲気や織物の魅力を体感してください。

スクール見学を希望される方はコンタクトフォームまたは、お電話にてお問い合わせ下さい。
http://www.kawashima-textile-school.jp/info/contact
Tel : 075-741-3151

皆さまのお申込みをお待ちしております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※見学再開に伴い、見学者の皆さま・学生・スタッフの安全健康を最優先に当スクールでは感染防止対策として以下の通り行なっております。見学者の皆さまにもご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

[対策]
1.スタッフのマスク着用、検温など体調管理を実施
2.消毒液を玄関やお手洗い等に設置
3.教室等の換気

[見学時のお願い]
1.マスクの着用をお願いします
2.来校時に受付にて検温チェックをお願いします
3.発熱(37.5℃以上)や軽い風邪症状がある場合は見学をお控えいただく事があります。
ご協力よろしくお願いいたします。

手織りマスク

専門コース本科の一人の学生が、授業「4枚綜絖で織る組織」で織った布を使って手織りマスクを作りました。

授業ではディッシュクロス用として織っている布。そこでマスクができそう!とひらめいて、アレンジしたものです。

織地、裏生地、バイヤステープも全てコットンなので、柔らかい肌触りが心地よさそうです。