スクールの窓から 1 「表現論」

川島テキスタイルスクールの専門コースでは、様々な先生が教えています。
専任講師をはじめ、外部からも作家や技術者などを講師に招き、風通しのいい環境を作っています。
このコーナーでは、そんな専門コースの授業の一部をご紹介します。(不定期掲載)

7月9日、「表現論」の授業で繊維造形作家の堤加奈恵さんを講師に招き、
「わたしがみた フィンランドのこと、テキスタイルのこと」というテーマで、
作品や資料を見ながら、海外留学の体験談をお話いただきました。
堤さんの織りに向き合う真摯な姿勢に触れたひとときとなりました。

大学院を修了後の7年間、綴織のタペストリー制作に励んできた堤さん。
2018年〜19年の9カ月間の海外滞在を機に作風が大きく変化しました。
日本で生まれ育った自らのルーツに興味を抱き、座布団から着想を得るなど
日本の染織工芸品を取り上げて、自身で織った布を造形作品として発表するように。
レクチャーは、そんな影響を受けたフィンランド滞在について、
助成金付き留学制度応募から、滞在計画の立て方、伝統工芸のRyijy(リュイユ/ルイユ)織りと収集家との交流、
植物染色、個展開催など堤さんの経験をなぞるように進んでいきました。

学生に向けては
「5年、10年後、こんな自分になれたら素敵だなと思える経験を今、 フットワーク軽くやってみるといいです」
「見えない未来を想像して不安に思っても、明日、一週間後にぱっとひらめくことがあるかもしれない。
その時が来るまで、今、目の前にあることを精一杯頑張ればいい」
とまっすぐに語られました。
◆ 堤さんにとって織りとは? 「人生を楽しくしてくれたもの」

「私は元々、絵が好きで美大(京都精華大学)に入ったのですが、自分が描く線にコンプレックスが強かったんです。そこで綴織に出会い、線が忠実に再現されない面白さに触れ、作るのが楽しくなりました。
綴れを織る時、爪で押し下げる布の重量感が好き。織りは私の人生を楽しくしてくれたものです。」


〈堤加奈恵さんプロフィール〉

Facebook: @lanlanae
Instagram: @tsutsumikanae1006

つつみ・かなえ/
繊維の蓄積により生み出されるディテールと、経と緯の組織の成り立ちから生じる一種の不自由さ、
単純と複雑の両面を持ち合わせた織り機に面白みを感じ、「織る事」をベースにして作品制作をしている。
京都精華大学大学院芸術研究科染織領域修了。
2015年より同大学芸術学部造形学科テキスタイル専攻非常勤講師。